EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
活用事例
商品仮押さえ
商品仮押さえ表構築事例 
 お客様との商談時に、商品を仮押さえするための管理システムです。
 商品を仮押さえしてから商談を進め、成約ならそのまま受注へ、失注なら開放します。
 商品が「一品モノ」であったり、製造に時間がかかる場合で、営業担当者が複数いる場合に、ひとつの商品をダブって受注することがないようにするため利用されています。
商品データ 
こちらのお客様の場合、商品は千件程度ですが、
・大きな商品のため製造まで時間がかかること
・商品は海外生産ため、品切れすると次の船便到着まで待ち時間が発生すること
・商談開始から成約まで数日間かかること
などから、このシステムを導入されています。
利用者数 
全国の販売店20か所で、約170名のセールス担当者がいらっしゃいます。
このため、WEBでの情報共有を行なっています。
システム導入の効果 
二重受注の防止 
 引き合いから成約まである程度時間がかかる商品については、ひとつの商品を複数のお客様と商談してしまうと、「成約しても買えない」という状態になってしまいます。
 これでは、お店や営業マンの信用はガタ落ちですし、なによりお客様に迷惑がかかります。
 このためにも、商談を始める段階で確認することが重要になります。とくに、一品ものや製造に時間のかかる商品については二重受注の防止は必要です。
 システム導入で、商品仮押さえ情報を一元管理でき、商品の在庫を確認しながら商談を進めることができるようになります。
商品カタログとしての利用 
 商品仮押さえ表では在庫のある商品が一覧で表示できるうえ、様々な条件で検索をかけることができます。
 客先で商談をする場合に、タブレット端末などで商品一覧を提示することで商品カタログとしても利用することができます。
 特に商品数が多い場合や、オプションの組み合わせでバリエーションが多くなる場合などは、検索で絞り込むことでお客様への最適なご提案ができ、成約につながる可能性も高くなります。
システム導入時に考慮すべき点 
商品データの更新 
 システムの運用にあたってはあらかじめ商品データをシステムに登録しておく必要があります。これらのデータは、お客様の基幹システムで管理されていることがほとんどです。
 セキュリティ上、このデータをWEBサーバから参照することはできませんので、データの取り込みを行なう必要があります。
 新しい商品の追加や既存商品の在庫数の追加などを定期的に行い、営業マンにタイムリーに情報提供することが必要となります。
 本システムへのデータ取り込みはCSVなどのファイルで行なえます。また、データ項目の変更や加工などにも対応いたします。
ベースとなるシステムと追加費用 
右のWEB受注システムをベースにカスタマイズを行って運用されています。(お客様のサイトは社内向けのため、一般の方はご覧いただけません)
◆初期カスタマイズ
 3件 総額 約350,000円(EZORIS初期費用を含む)
◆オプション追加(内容は、以下の「ご利用オプション」をご参照ください)
 2件 総額 約50,000円
◆カスタマイズ(内容は、以下の「カスタマイズ事例」をご参照ください)
 1件 総額 約60,000円
ご利用オプション 
◆待ち行列オプション
 複数の仮押さえを受け付けできるよう、仮押さえを待ち行列として持たせるために使用しています。このオプションと後述のカスタマイズにより、仮押さえの待ち機能を実現しています。

◆サポートオプション
 運用上の問い合わせや細かな画面上の変更実施のために、サポートをご利用されています。
カスタマイズ事例  
◆仮押さえ機能
 商品ごとに「仮押さえステータス」(仮押さえ中、受注、フリーなど)を持たせ、1アクションでステータスを切り替えられるようにしています。
タブレットを使用し、接客しながら商品の在庫状況確認や仮押さえを行なえます。
また、仮押さえは一定時間経過すると自動的に解放され、他の担当者が仮押さえできる仕組みも実現しました。

◆検索機能の強化
 商品の特性上、様々な項目で絞り込みが行えるよう検索機能を強化しています。
検索は二段階の検索機能を実現し、さらにOR検索やNOT検索にも対応しています。

◆商品データ取り込み機能の強化
 扱う商品に合わせてデータ項目を大幅に変更しています。

◆待ち機能の追加
 複数の仮押さえを受け付け可能にし、解放された時点で自動的に次の仮押さえを有効にできるよう、待ち行列機能を追加しています。