EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
活用事例
工事業向け受注
エクステリア工事業者様向け注文受付システム構築事例 
 販売店や設備メーカーから設置工事の依頼を受け付けるための、ご注文受け付けサイトです。
 また、受け付けた内容をもとに、追加依頼や現地確認の結果などを追加で登録することができ、お客様自身の「カルテ」としてお使いいただけます。
 このシステムの特長は、設備機材と工事という二種類の商品を扱うことと、それぞれ(門扉と現地での設置工事など)を組み合わせてご注文いただけることです。
 受け付け後に、管理者用の情報を追加できることも特長の一つです。
データ規模とデータ形式 
商品数: 約1,500点
工事種類: 約100件
商品-工事関連: 約8,000件

商品数としては多くありませんが、商品と関連する工事の組み合わせにより、たくさんのバリエーションが発生する受付システムです。
商品ご注文後に、関連工事を一覧で表示して選択していただくという、二段階の入力でご注文を受け付けます。
システム導入の効果 
過去の施工履歴の活用 
システム上に工事履歴が残ります。
履歴内容は社内のノウハウとして利用できますし、お客様へのアフターサービスや再注文時に、参考情報として活用できます。
情報共有 
 施工現場のタブレット端末と会社のPCで情報の共有ができるようになります。
 事前の現地調査で撮影した写真の登録や、施工時に必要な現地状況の入力、会社に戻って情報を確認しながら施工手順を検討したり、追加情報を入力することができます。
システム導入時に考慮すべき点 
商品データと工事データの関連付け 
 商品数: 1500件 工事種類: 100件のシステムですが、商品-工事関連については 約8,000件もあり、関連付けのデータを管理するだけでもかなりの手間がかかります。
 商品コードなどで自動的に関連付けができるようでしたらプログラムで行うこともできますが、そうでない場合にはお客様の方で管理しておく必要があります。
 こちらのお客様ではExcelで関連付けのデータを管理されており、商品データ入れ替えに合わせてCSVデータでシステムに一括登録されています。
商品データと工事データの管理 
 注文受け付けにあたってはあらかじめ商品データや工事データをシステムに登録しておく必要があります。
 商品データは、お取引先(メーカー)から受け取ることがほとんどです。新商品追加などのタイミングでCSVなどのファイルで受け取りますが、各社のフォーマットが統一されているとは限りませんし、商品構成が変わるたびに「全件のデータ」を受け取ることが多いため、データの差分をとって入れ替えるよりも商品コードなどをキーにして、全件置き換えるほうが安全です。
 工事データについては施工業者様で管理しているデータですので、商品と工事の関連付けデータとともにExcelなどで管理しておき、商品データの更新時にデータを整理してシステムへ一括登録する、という運用をされています。
ベースとなるシステムと追加費用 
右のWEB受発注システム(カテゴリ選択タイプ)をベースにカスタマイズを行って運用されています。(お客様のサイトは取引先向けのため、一般の方はご覧いただけません)
◆初期カスタマイズ
 なし(EZORIS初期費用のみ)
◆オプション追加(内容は、以下の「ご利用オプション」をご参照ください)
 1件 月額費用総額  約5,000円
◆カスタマイズ(内容は、以下の「カスタマイズ事例」をご参照ください)
 2件 総額 約120,000円
ご利用オプション 
◆サポートオプション
 運用上の問い合わせや、画面上の説明文の変更などのために、サポートをご利用されています。
カスタマイズ事例 
◆顧客カルテの作成
本来は、販売店や設備メーカーから設置工事の依頼を受け付けるためのシステムですが、設置前に現地調査などを行うため、これらの情報も追記できるようにして顧客ごとのカルテを作りたい、というご要望でした。
このために、以下のようなカスタマイズを行なっています。
画面項目追加、変更 
お客様の業務に合わせて、ご注文受付画面の項目を追加、変更しています。
エンドユーザ向け画面だけでなく、管理者向けの画面についてもかなりの項目を追加・変更しております。
項目の追加・変更により、入力時のチェックなども変更になりますので、一般のお客様よりも改造作業はかなり多くなりました。
注文受け付け内容の追加・変更 
現地での調査結果などにより、管理者側でさまざまな内容を追加・変更できるようにしております。
写真、図面などのイメージデータも登録できるようにして、受け付けごとに詳細画面で表示することもできるようになっています。