EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
EZORISブログ
CMSのメリットとデメリット 
■CMSって何?

CMS【コンテンツマネジメントシステム】とは、ホームページの内容(テキストや画像)などを一元的に保存・管理するソフトウェアのことで、ホームページの内容を追加したり、編集したりするために利用されるものです。
ホームページの内容を編集するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトの定義や装飾などを行ない、ページ間にハイパーリンクを設定するなどの作業も行なう必要があります。これらの作業をなるべく簡単に行えるように、利用者が入力した内容をデータベースに保存し、ホームページ構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものがCMSです。
CMSを導入すると、ホームページの管理者はHTMLなどの知識を習得する必要はなく、内容(テキストや画像)の制作に集中することができます。
CMSの中には、デザインを「テンプレート」(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えばホームページのデザインをすぐに、かつ安価に手に入れることができたり、定期的(季節ごとなど)にデザインだけを変更することもできます。

■CMSのメリットは?

CMSのメリットは、ズバリ「ホームページの更新の手間が少なくなる」ことです。
ホームページの管理者は、本来「ホームページに掲載したい内容(テキストや画像)を考える」ことが仕事ですから、ページのレイアウトやページ間のリンクの設定など、付随する作業に時間がとられるのははっきり言ってムダです。
しかも、こういった付随する作業には結構な時間がかかりますし、間違いやすい、という問題もあります。(間違えると、ページのレイアウトが崩れたり、ページ自体が見えなくなります)
このためにCMSを利用して、無駄な時間や人手による間違いを減らしていこうというものなのです。
特に以下のようなホームページでは、CMSの利用価値が高いといえます。
・更新やページの追加の頻度が高い
・一度に更新する量が多い

■CMSのデメリットは?

メリットがあればデメリットもあるのが世の中の常。
CMSにも当然デメリットがあります。

・価格が高い
 CMSの導入には結構なコストがかかります。
 もちろんCMSにもレベルがあり、機能が多いものほど高くなります。(高いものは、数百万円以上)
・作成するページのレイアウトに制限がある
 システムがレイアウトするわけですから、人手で作成するように自由に作れるわけではありません。
 高価格のCMSほど機能が豊富で自由度は高いのですが、それでも人手で作成するようには行きません。
・操作方法の習得に時間がかかる
 通常、管理者向け画面と呼ばれる画面を使って操作しますが、操作方法を習得する必要があります。
 機能の少ないものは画面を見るだけで理解できますが、高機能のCMSになると「それなりの学習」をする必要があります。

■CMSを利用するべきか?

CMSを利用するかどうかは、上記のメリットとデメリットをよく考えた上で判断する必要があります。
利用価値が高いのは、「更新やページの追加の頻度が多い」または「一度に更新する量が多い」場合ですから、あまり更新しないホームページであればCMSを利用する必要はないでしょう。
必要なときに、ホームページの知識のある業者さんなどに料金を払って依頼するほうが安くすみます。
逆に、頻繁に更新する場合には、業者さんに依頼する場合の料金や、社内のリソースを更新作業に当てた場合のコストが大きくなるため、CMSの利用を検討してみることをお薦めします。この場合は、CMS導入コストと、それにより削減できるコストを比較しておくことは言うまでもありません。

最近は、ホームページの重要性が大きくなりつつあります。
企業が色々な情報をホームページで配信することは当たり前になってきていますし、利用者も「まずインターネットで情報を検索する」というスタイルが定着してきています。
企業がインターネット上で情報を配信するためにも、ホームページの重要性、さらにホームページを更新するためのCMSの需要はますま大きくなっていくと思います。




お問い合わせは、受付フォームでお受けしております。 お気軽にお問い合わせください。