EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
EZORISブログ
クレジットカード決済について 
オンラインショップなど商品やサービスを提供する場合のお支払いにはクレジットカード決済が使われることが良くあります。
大手ECサイト(amazon、楽天など)では一般的ですので、利用されたことがある方も多いと思います。

クレジットカード決済はとても便利なものですよね。
間にカード会社が入るので、購入者はカード番号の入力だけで済みますし、支払いは定期的な後払い(大抵翌月の銀行引き落とし)です。
販売側にとっても確実に代金が回収できます。
ホームページを開設される方の中にも、商品を紹介するついでにクレジットカード決済で販売も行いたいという考えるお客様はたくさんいらっしゃいます。
ネットでクレジットカード決済を行うには 
ホームページでクレジットカード決済を行う場合には、クレジットカード決済代行会社と契約する必要があります。
クレジットカードは複数の種類(VISA, JCB, アメリカン・エクスプレス, マスターカードなど)がありますが、それぞれの会社と契約するのは大変です。
決済代行会社は複数のカード会社と契約していますし、ネット決済の仕組みを持っています。また、カード番号などお客様の個人情報取り扱いについて、情報漏えいを防ぐための体制も整っていますので、こちらを利用することが安全性やコスト節約の面でおすすめです。

ただ、それだけの利便性を使うわけですから、当然費用がかかります。
決済代行会社にもたくさんの会社がありますが、大体以下のような費用が掛かります。
1.初期費用
2.月額費用
3.決済手数料

1.初期費用
サービス利用のための初期費用です。金銭のやり取りが発生するため、お客様の会社についての審査があります。
無事審査が通ると、お客様に対してIDが発行されて、利用環境を提供してもらえます。
利用環境をお客様のホームページに組み込んでクレジットカード決済を実現できますし、受け付け状況を確認したり、取り消し操作などを行うことができます。

2.月額費用
サービスを受けている期間、毎月支払う費用です。
ネットで売り上げがなくても支払う必要があります。

3.決済手数料
実際に注文が発生して決済が行われた時に、金額に応じて支払う費用です。
金額は金額の4%~8%など決済代行会社によってまちまちですが、最近はだんだん低くなってきているようです。

上記のように結構お金がかかります。
クレジットカード決済を導入するときには、
・どれくらい売れそうか(月の売り上げ見込みはどのくらい?)
・キャンセルやクレームに対応する費用はどのくらいか
・上記を考えて、毎月の利益はどのくらいか
を考えて、前述の決済代行会社への支払いと比較してみることです。支払いの方が多いようなら、販売するほど「赤字」ですからやめたほうが良いでしょう。

販売する商品やサービスの質にもよりますが、お客様が求めているものであれば、きちんと宣伝すれば購入者はいるはずです。
あわててサイトを立ち上げるのではなく、じっくりと考えてからでも遅くないと思います。
でもすぐにネットで売りたい、という方には 
ショッピングモールのご利用をお勧めいたします。
楽天やamazon, Yahooショッピングなど比較的簡単にネットでお店を開くことができます。
当然、クレジットカードでの決済もできます。
もちろん出店にあたっての審査はありますし費用も掛かりますが、モールという性格上、たくさんのお店が集まっていますので、ネットでの来訪者も多いです。
多くのお店の中にうずもれてしまっては販売数を見込めませんが、独自性を発揮できればお客様の目に留まる確率は高くなります。

モールで商品やサービスを見ていただき、自社のホームページにリンクを貼って来ていただくということもできますので、宣伝という意味でも利用価値があります。
また、ホームページからモールのお店にリンクを貼って「購入はこちらで」という使い方もできると思います。
大手のオンラインショップでしたら既に会員登録している方も多いですので、購入しやすい、というメリットもあるでしょう。

自社のホームページで販売する前に、まずはモールで試してみることも良いかと思います。




お問い合わせは、受付フォームでお受けしております。 お気軽にお問い合わせください。