EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
EZORISブログ
情報システムで仕事は楽になる 
現在、ほとんどの会社は何らかの情報システムを導入して業務をこなしていると思います。
もちろん、業種や会社の業務内容によっては、システムを導入しない、またはできないところがあるのも事実です。システムを導入すれば「何でもできる」わけではありません。
本当に仕事は楽になるのか 
情報システムを導入することで、
・仕事が楽になる
・人為的なミスが少なくなる
・お客様へのサービスが向上する
「だから、当社もシステム導入に踏み切りました」というお話を聞いたことがある方も多いと思います。
確かにその通り、ですね。

ところで、最初の「仕事が楽になる」というのは「誰にとって楽になる」のでしょうか?
会社には色々な部署の人たちがいますから、すべての人が楽になることが理想ではありますが、現実には一部の人が楽になる、というところに落ち着くでしょう。

たとえば、管理部門が情報を集めるためにシステムを導入したので、現場の人たちはその都度システムにデータをインプットしなければならない、仕事が増えた、というような話があります。
これは、管理部門だけのことを考えてシステム導入した「片手落ち」のやり方に問題があるわけですが、会社の都合や予算の関係もあるため、やむをえないでしょう。いつもみんながハッピーになるというわけにはいかないのです。

このように、ある部署の人の仕事を楽にするためにシステムを導入したら他の部署の人たちの仕事が増えた、とか、システム導入に伴って仕事のやり方が変わるため「かえって面倒」という話はよくあることです。
そのため、システム導入の目的や、それに伴う業務の変更/組織変更、手順の説明などを、当初から社内で行うところが増えてきています。
社員にも十分に理解してもらってから導入する、という手続きを踏んでいれば、あまり大きな問題にはならないようです。
情報システムの目的は 
さて、最初に戻って、情報システムは何のために導入するのかを考えて見ます。
言うまでもなく、仕事で使うために導入するのですが、ではなぜ仕事に使うのでしょう?

システムを仕事で使う意味はたくさんあります。
・仕事の効率を上げるため
  システムにやらせた方が早いことがたくさんあります。
・人間系のミスを減らすため
  業務の手戻りによる無駄が少なくなります。
・人にはやれないことも任せられる
  二十四時間いつでもスタンバイ、というのは人には無理です。

こう考えると、最終的には「その会社の利益向上のため」と言えるでしょう。
・仕事の効率を上げて、人を増やさずに利益を伸ばす。
・業務の手戻りを減らしてムダを排除し、お客様へのサービスを向上させて売り上げを伸ばす。
・人にはやれないことをやって、ビジネスチャンスを広げる。

だからこそ、数百万から数千万、大きなものだと数億をかけてシステムを導入するわけですね。
情報システムの導入が「仕事を楽にするため」、というのはどうやら「社員向けの言い訳」のようです。




お問い合わせは、受付フォームでお受けしております。 お気軽にお問い合わせください。