EZORIS(エゾリス)ショップでは皆様に気軽に使っていただけるWEBアプリケーションをご提供しています
会社概要
お問い合わせ
有限会社ホクシス
EZORISブログ
システム開発とタバコ 
現在、私は禁煙中です。私の知り合いにも禁煙を始めた方が何人かいます。
丁度、受動喫煙防止法、とかいう法整備が進められようとしているからだと思います。
タバコを吸うのはその人の勝手だけど、「その煙を周りの人に吸わせているのはけしからん」ということだそうです。
個人的には「煙が嫌なら、別の場所に移動すればいいんじゃないの」って思ってしまいますが、お父さんのタバコで奥さんや子供たちも煙を吸わされるのがダメ、ってことがそもそもの目的らしいですね。
昔は、どこでもタバコOKでした 
今から30年ほど前は、会社の机で「ふつーに」タバコを吸っていた私としては、時代の移り変わりの速さを感じずにはいられないですねー。
あの頃は、分煙なんて考えすらありませんでした。会社が「タバコを吸う人には灰皿を支給します」って時代でした。(右の写真のような灰皿です。もちろん、吸い殻の処分と灰皿の掃除は各自の責任です。若い女の子にお願いしたりすると、上の方から厳重注意がきます。)
タバコを吸いたいから吸う、周りの人が「においが嫌い」といっても全く関係なし。においが嫌なら、香水付けすぎの女性とか、洗濯サボって汗臭い服を着た人とおんなじでしょ、てな感じでしたね。
私は社会人になってからずっとシステム開発(ソフトウェアの作成)をしてきましたから、周りにタバコを吸う人は多かったです。「重箱の隅をつつくような」細かい仕事をするうえで、気分転換にタバコは最適でした。
今や時代は変わった 
でも、今や時代は「禁煙」「分煙」。
タバコの煙による健康への悪影響が相次いで確認されるにつれ、昔から愛されてきたタバコに対する見方は一変。
いままで我慢を強要された来た「タバコ嫌いの人たち」にとっては、水戸黄門の印籠にも匹敵する「健康のために受動喫煙の禁止を」の言葉に、世論や政府も突き動かされています。
昔のように「火事の危険があるから」なんて言いません。「健康被害があるから」という逃げ道のない理由で喫煙者が追いつめられています。
ま、私も20歳のころから(実際はもうすこし前からですけど...^ ^)タバコ吸ってて、「タバコって結構臭いな」と思うことも多々ありましたし、吸わない人にとってはなおさらだろうなと同情いたします。ここぞとばかりに「喫煙を目の敵にする」方々の気持ちも理解いたします。
なので、受動喫煙防止法にも反対は致しません。どうぞ成立させてください。
これでみんなが暮らしやすくなるのでしたら、良いことだと思います。
私の禁煙 
ところで、私は今回に限らず、よく禁煙しています。
よく禁煙している、ということは、禁煙の回数だけ「また吸い始めている」ということですが...。
でも、それでいいと思っています。
間食でポテチばかり食べているとだんだん太ってきますが、「やばい」と思って間食禁止してダイエットに励む。でも、ある程度ダイエット成功すると、ちょっとづつだけどポテチも食べたくなる。
タバコについてもこんな感じで、吸ったり、やめたり、本数制限したり...。こんな感じで、良いのではないでしょうか。「始めたからには、なにがなんでも禁止」なんて堅苦しく考えなくてよいと思います。
さて、禁煙するにはなにかのキッカケが必要です。人間、何もないのに「禁煙しよう」なんて思いません。
私はシステム開発の仕事をしているので、気分転換にタバコは最適なのです。
それでも時々禁煙しようと思うキッカケは、以下のようなものです。
・タバコの値上げ
・身近な人に「タバコ臭い」と言われた
・定期健康診断で指摘された
・知り合いが病気でタバコをやめた
・その他
「その他」については、あまりここでは言いたくないのであえて秘密にさせていただきました。

今回の禁煙はまだ始まったばかりですが、そのうち終わると思います。
なにせ、システム開発の仕事をしているため、気分転換にタバコは必要なのです。


お問い合わせは、受付フォームでお受けしております。 お気軽にお問い合わせください。